FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

おぼかたさん問題について

今さらだけど小保方さん問題について思うこと
(自分が連名の論文がアクセプト(論文掲載受諾)されたので書いてみた)

一般の人が思う論文のイメージがかなり違うんだなぁと一番感じました。
論文は基本的に教科書とかとは違って、発見とか実験結果を書き記すものだと思います。
文章に書いてある器具を揃え、文の通り実験を行ったら同じ結果が出る(再現性)というようなものを記しているものが論文です(自分の認識が間違えてなければ)

なので基本的には正しいことしか書いてないです。でもそういったことが違っていたら撤回もできますし、あくまでも予想だ、と掲載されていることもあります。

なので、画像の切り貼りとかは悪ですが、STAP細胞の有無はすこし論点が違う気がします。

今回は確実に当事者の画像切り貼りも悪かったですが、理研のしっぽ切りもかなり露骨で嫌な感じがします。

僕も今回自分たちの論文に携わる中で、実験の画像とグラフという心臓部分を任されました。個人的にはすべて間違いなく胸を張って発表できるデータ作成をし、確認を共著者とも取ったので大丈夫だと思います。その上で感じたのは、やはり科学者は「性善説」で動いているということです。
現在の学会や論文は、載せるデータは嘘偽りのないデータであることを前提に、そこから議論がスタートするというものが当然になっています。
なので(現在かなり厳しい立場の)笹井先生とかが画像データの偽装を知って投稿許可していなければ、この人の見逃しはしょうがない部分があると思います。

もし小保方さん自身がデータ不正をして、笹井先生たちがそのことを知って投稿していたらそれは最悪の事態ですが…

:あとW大学博士課程の論文不正
序論が全部コピペはまじで最悪だと思います。序論って研究をなぜやったのかって言う部分で、博士じゃなく修士課程でも少なくても10以上は参考文献を引用したりします。それをせず、さらにコピペは…おお…もう…

なんとなく予想ですが、すべて英語で書かなくてはいけない上に時間が無いのでコピペでもいいって言う雰囲気が研究室内に蔓延していたんじゃないのかなぁと思いました。


:あとポスドクについて
小保方さんはポストドクターで理研にいたみたいなので…
ポスドクってのはまじで良くも悪くもの部分がいっぱいある制度だと思います。結果が出なければ雇用が終わってしまう契約社員みたいな形をとるポストドクターだった小保方さんは、この任期のあいだに結果を出そうとするあまりこんな不正をしてしまったんじゃないんでしょうか…うーんどうなんだろう


ってなわけでだからどうこうみたいなことは書かないですが、この一連の騒動に関しての雑記(適当な内容と終わり方)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Date: 2014.04.20
Category: 未分類
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。