FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

おぼかたさん問題について

今さらだけど小保方さん問題について思うこと
(自分が連名の論文がアクセプト(論文掲載受諾)されたので書いてみた)

一般の人が思う論文のイメージがかなり違うんだなぁと一番感じました。
論文は基本的に教科書とかとは違って、発見とか実験結果を書き記すものだと思います。
文章に書いてある器具を揃え、文の通り実験を行ったら同じ結果が出る(再現性)というようなものを記しているものが論文です(自分の認識が間違えてなければ)

なので基本的には正しいことしか書いてないです。でもそういったことが違っていたら撤回もできますし、あくまでも予想だ、と掲載されていることもあります。

なので、画像の切り貼りとかは悪ですが、STAP細胞の有無はすこし論点が違う気がします。

今回は確実に当事者の画像切り貼りも悪かったですが、理研のしっぽ切りもかなり露骨で嫌な感じがします。

僕も今回自分たちの論文に携わる中で、実験の画像とグラフという心臓部分を任されました。個人的にはすべて間違いなく胸を張って発表できるデータ作成をし、確認を共著者とも取ったので大丈夫だと思います。その上で感じたのは、やはり科学者は「性善説」で動いているということです。
現在の学会や論文は、載せるデータは嘘偽りのないデータであることを前提に、そこから議論がスタートするというものが当然になっています。
なので(現在かなり厳しい立場の)笹井先生とかが画像データの偽装を知って投稿許可していなければ、この人の見逃しはしょうがない部分があると思います。

もし小保方さん自身がデータ不正をして、笹井先生たちがそのことを知って投稿していたらそれは最悪の事態ですが…

:あとW大学博士課程の論文不正
序論が全部コピペはまじで最悪だと思います。序論って研究をなぜやったのかって言う部分で、博士じゃなく修士課程でも少なくても10以上は参考文献を引用したりします。それをせず、さらにコピペは…おお…もう…

なんとなく予想ですが、すべて英語で書かなくてはいけない上に時間が無いのでコピペでもいいって言う雰囲気が研究室内に蔓延していたんじゃないのかなぁと思いました。


:あとポスドクについて
小保方さんはポストドクターで理研にいたみたいなので…
ポスドクってのはまじで良くも悪くもの部分がいっぱいある制度だと思います。結果が出なければ雇用が終わってしまう契約社員みたいな形をとるポストドクターだった小保方さんは、この任期のあいだに結果を出そうとするあまりこんな不正をしてしまったんじゃないんでしょうか…うーんどうなんだろう


ってなわけでだからどうこうみたいなことは書かないですが、この一連の騒動に関しての雑記(適当な内容と終わり方)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

Date: 2014.04.20
Category: 未分類
Comments (0)Trackbacks (0)

パワーポイント・ポスターで発表するときに思ったこと

パワポ

最近学会に出て発表を聞いていた時に思ったのが、わかりやすい説明ほど文字が少ないってことでした。

タイトル+図+本当に2,3行程度
文字の大きさは32程度

これが一番見やすそうですね…
ってことでそれを3月の物理学会で実際に考慮して発表してみたんですが、こりゃまた難しかった。

もっとアニメーションとかも使いこないしてわかりやすい説明できるようになるといいなぁ…

ポスター

一般的な発表のA0ポスターは(英語記述のとき)
基本48~54ポイントの大きさだと見やすい
単位は36程度がいい感じ?
スケールバーとかの線の太さは4~5くらいなら結構見やすそうですね

月末のポスター発表頑張るぞ~外国人研究者に話しかけられるの慣れてないから不安だ( ˘*˘ )
Date: 2014.04.08
Category: 未分類
Comments (0)Trackbacks (0)

本っておもしろい

あんまり読んでなかった新書をまた読みだしてます。

①ゾウの時間、ネズミの時間
②量子力学の哲学
③まんが現代史 アメリカが戦争をやめない理由
④喪失の国日本

を読みました。

① 時間で生命活動を見るのか、心臓の拍動で生命活動を見るのか等、様々な側面で色々な生き物の「生きる」を解説してくれる新書です。面白かった

② 一応量子力学を少しでもかじってたほうが読みやすいと思ったけど、ひじょーに面白かった。非局在とかの話は、理解するのが大変だと思うけど、理解できるとひじょーに面白いと思います。僕は一通り習った後にこれを読んだので、あ~ここが面白いって感じるんだな~みたいな感じでさくさく読めました。

③ CIAすげ~ってなります。この本にちなんで色々調べてたらウォーターゲート事件とかにも興味がすごいわきました。とりあえず正義ってなんなんだろうって考えてしまいますね。これからの「正義」の話をしよう、をこの前読んでいたのでそういうのも考えてしまいました。

④ インドから見た日本のいいとこ、わるいとこ、へんなとこ、おもしろいとこ、尊敬するとこ をまとめた?体験談的な本になっています。すっごい面白くさくさく読めます。改めて日本で生まれてよかった…

次は「脳のなかの幽霊」という名著をおすすめされたんで借りて読み始めています。
おすすめの新書とかあればぜひ教えてください!(知的好奇心みたいなのを煽ってくれるものだとすぐ食いつきます)



自分が物理学に近しいものを学んでいるので②は難しいけどすっごいお勧めします。
シュレディンガーのネコとかよく漫画の設定に出てくるような話も、いるのにいない、の一言じゃ言い表せない不思議な世界を堪能できると思います。
Date: 2014.04.04
Category: 未分類
Comments (1)Trackbacks (0)

ぼくのしゅうかつにっき

こんなところ見てる人はいないと思うけど色々書きたいことあるし、ぽつぽつと書いていきます。

まず内定決まりました!第一志望の個人的にはすごいいい所と思ってるところをゲットしました。
これからは定期的にストライク関連のイベントに出られる、また絵も結構描いていけるきがします。

------------------------------------------------------------------------------------------------
さてこっから下は就職活動していて思ったことを書いていきます。


まず早い段階でしたが、僕は12社エントリーして、すべてエントリーシートは通過、面接も1次はすべて通過。結果的に役員面接2つと内(々)定2つで就職活動を終えました。
一応すべて1部上場の研究職志望でエントリーを行いましたが、僕はいわゆる地方底辺国公立みたいなとこにいます。
その上でこれから就職活動をする「大学院理系」の後輩にあたる方がいたら、応援の意味も兼ねて書き残ししようと思います。

Ⅰ企業を選ぶうえで

大学院卒ということで、僕はどうせなら研究して飯を食って行こうと決心しました。
しかしまぁ学歴で言うとやっぱり他大学様には負けてしまうところがあるので企業選びでは絶対に譲れない2点の「軸」を決めて企業を選びました。

①技術かシェアで世界トップ3に入る
②(僕の場合)微細技術を扱う所

なのでエントリー12社は、普段は絶対名前を知ることが無さそうなBtoB企業になりました。あくまでも自分がそういう所で研究したいと考えただけなので、ここは本当にその人の決めた道を選ぶ方がいいと思います。でも、なんとなく○○が有名だから~…とかって言う考えは絶対にやめた方がいいと思いますよ。志望動機書くの困ってる友達みたらそんな気がしました。


Ⅱエントリーシートを書く上で

まず大学院を出るということなので、しっかり研究しましょう。それさえしっかりして人の目を見て話せば基本的に落ちることは無いと思いました。

僕はエントリーシートはほぼすべて
①学生時代に頑張ったこと関連:研究と学会のこと
②会社でしたいこと:その会社の一番力入れてる研究or自分の専門分野で戦えるところを選択
③長所とか自己PR:研究絡み
④勉強以外で頑張ったこと:サークル(そこでしかできないということを強調した)
⑤志望動機:No.1のところでしかできないことをしたい
で内容を統一しています。
第3志望までに限って言えば、HPをほぼすべてIR情報から製品パンフレットまで目を通しました。

ここで気を付けて書いた方がいいのは、①~⑤すべてがちゃんとつながりを持っているということです。

たとえば
志望動機は:Ⅰで答えたようにトップの所でしかできない研究に携わって成長できる。
学生時代は:研究をすごい頑張った⇒目標を掲げて、結果を出すまで頑張って成果を出せた
長所:目標を決めて達成する姿勢がすごいある
学生以外で:このサークルでしか体験できないことをしたい
というように、サークルや研究でもそこでしかできない目標を立てて取り組んで、企業でもそういう「軸」がぶれないように書きました。多分そういった軸がしっかりしたものを書けば落ちないんじゃないかなぁと思いました。


Ⅲ面接

基本的に丁寧な言葉ではきはき目を見て話せばいけると思いました。先生にも手伝いをしてもらって目をガン見することは忘れないように練習を3度ほど行いました。
あと僕の場合国際学会や全国大会で7件ほど発表したのでそういった苦労話をよく説明しました。

あと御社が第一志望とは言いませんでした。でも嘘はつきたくなかったので「第一志望群」ですと答えました。
やっぱり就活する上で本当の第一希望とかはありましたが、やっぱり生きる上でどこかで働かないとダメなので本当の第一希望以外はすべて序列なんて決めずきっちりとHPとパンフを見て面接には真剣に臨みました。その上で、希望度なんてこと聞かれてもどこも自分が自信をもって選ばせて頂いたところなので「第一希望群」としか答えられないというのが本心です。

やっぱり嘘つくとバレると思うので、本当のことを膨らませるだけ膨らませて話す程度にしたほうがいいと思いました。



総括

やっぱり院卒採用目指す場合は、研究を本気でやったほうがいいと思います。バイトとかあほほどやってましたが、エントリーシートには殆ど書きませんでした。聞かれたらいくらでも話していましたがw院卒の場合は、企業はバイト戦士よりも研究しっかりした人間のほうがよっぽどいい物件だと僕は考えてます。

4年までは僕も麻雀やボウリング三昧で、院に進学した理由もやっぱりモラトリアム延長が本音でした。
でも学会に出たときに日本の様々な研究者を見て、人が変わったように勉強しました。今の自分ならこの1年は死ぬ気で勉強したって胸張って言えます。土日やGWなんてもちろん無し、夏休みなんてお盆以外全部研究室と学会でつぶれました。国際学会の発表の時とか緊張して吐き気止まらなかったのもいい思い出です。

でもやっぱりやってきたことは無駄じゃないと思いました。働くとこ選びは一生ものなんで、夏コミ1回や2回行けないくらい屁でもないです(つらかった)。
学歴は関係あるとは思いますが、それをぶったおす意気込みでやってきた研究の取り組み方でそこそこいいとこまでなら挽回できるとは思います。
本当に、今年から院に入る理系後輩の子には1年だけ、1年だけ就活、これからの人生のために色々我慢して勉強したほうがいいと思います。頑張ってください。

僕も4月と7月の学会に向けて頑張ってます、正直今は結構研究楽しいです。なんだかんだ最先端(みたいな)研究してると、勉強も楽しくなってくると思いますよ。


これはあくまでも一学生の感想垂れ流しです。なので参考になるかはわかりませんが、少しでも理系院の後輩の方の役に立ったら嬉しいなとは思います。
Date: 2014.03.30
Category: 未分類
Comments (0)Trackbacks (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。